Macで圧縮したzipファイルの文字化け対策 MacWinZipper

MacWinZipper
https://tida.me/macwinzipper

Mac上で作成したzipファイルWindowsで開くと、zipファイル内のファイル名が文字化けしたり、不要なファイル(「__MACOSX」ディレクトリや「.DS_Store」ファイル)が含まれている場合があります。

Macでファイルを圧縮する際、MacWinZipperというアプリを使用すれば、これらの問題を防ぐことができます。

目次

  1. MacWinZipperとは?
    1. WinArchiver
  2. MacWinZipper 使用法方法
    1. 「Windowsの言語バージョン」初期設定を変更する
    2. 右クリックメニューから MacWinZipper を実行する
  3. MacWinZipper 有料版
    1. 有料版の機能
    2. 有料版の価格

MacWinZipperとは?

MacWinZipper は、株式会社ティダが提供するMacアプリ。
細かい設定は不要。MacWinZipper を使用してzipファイルを作成するだけで、Windowsでzipファイルを開いた際の文字化けや不要ファイルが含まれる問題を回避可能。数字4桁パスワードを設定することもできます。

基本的に無料業務でも使用可能有料版を購入するとより高度な設定が可能となります。

最後のアップデートは、2018.4.5に公開されたバージョン2.5.3.1ですが、現状、私の環境macOS Mojave(10.14)でも正常に動作しています。

WinArchiver

Mac App Store では「MacWinZipper」という名称が使用できないとのことで、「WinArchiver」という名称で配布されています。

無料版:WinArchiver Lite

WinArchiver Lite

https://apps.apple.com/jp/app/winarchiver-lite/id414855915

有料版:WinArchiver

WinArchiver

https://apps.apple.com/jp/app/winarchiver/id413215883

MacWinZipper 使用法方法

  1. 圧縮したいファイル/フォルダを選択する

    MacWinZipper を起動すると以下の画面が表示されます。圧縮したいファイル/フォルダを MacWinZipper にドラッグ&ドロップします。

    MacWinZipperを起動

  2. 設定

    以下の画面が表示されたら「設定」ボタンをクリックします。

    圧縮設定開始

    以下の画面が表示されたら「Windowsの言語バージョン」欄が「日本語版 Windows」ではない場合、「日本語版 Windows」を選択し「閉じる」をクリックします。

    圧縮設定

  3. 圧縮

    zipファイルを作成ボタンをクリックすると圧縮が開始されます。圧縮完了後、圧縮元のファイル/フォルダと同階層にzipファイルが作成されます。

「Windowsの言語バージョン」初期設定を変更する

私の環境では、上記手順2の 「Windowsの言語バージョン」欄は常に「英語またはその他の言語版 Windows」となっていたため「日本語版 Windows」に変更しました。

毎回この操作を行うのは面倒です。
Macのメニューバー >「MacWinZipper」>「環境設定」では、 「Windowsの言語バージョン」の初期値を変更することができます。以下の画面の 「Windowsの言語バージョン」欄で「日本語版 Windows」を選択してください。

MacWinZipper 環境設定

右クリックメニューから MacWinZipper を実行する

zipファイル作成のたびにMacWinZipperを起動し、圧縮したいファイル/フォルダをドラッグ&ドロップするのも若干手間です。

Macに標準搭載されているAutomatorを使用して、ファイル/フォルダを右クリックした際のメニューからMacWinZipperを実行できるようにしておけば、より簡単にzipファイルを作成することができます。

  1. Automator を実行する

    Automatorを起動する

  2. 以下の画面が表示されたら「クイックアクション」を選択する

    Automator クイックアクション

  3. Finder項目を開く」を、画面右側のエリアにドラッグ&ドロップする

    Automator Finder項目を開く

  4. 以下の項目を設定する

    ワークフローが受け取る現在の項目:ファイルまたはフォルダ
    検索対象:Finder
    このアプリケーションで開く:MacWinZipper

    Automator 設定

  5. メニューバーから「ファイル」>「保存」の順で選択する

    Automator 設定保存

  6. 「MacWinZipper」など、わかりやすい名称を設定し「保存」ボタンをクリックする

    Automator 保存

上記の操作完了後、任意のファイル/フォルダを右クリックすると、メニューの「クイックアクション」内に作成した項目が表示されるようになります。この項目(下図では「MacWinZipper」)を選択すると、MacWinZipperが実行され、該当ファイル/フォルダが追加された状態となります。

MacWinZipper 有料版

MacWinZipper には高機能な有料版が用意されています。

有料版の機能

MacWinZipper 有料版では、以下の機能が使用できるようになります。

  • zipファイルの展開
  • Thumbs.db、Desktop.ini等、Macに必要ないファイルの自動削除
  • ファイル名の文字コードを自動判別
  • 暗号化されたZipファイルの展開
  • 圧縮方法、個別アーカイブ、空フォルダ除外等の圧縮オプション
  • 広告の非表示

有料版の価格

価格は購入先によって異なります。
公式サイトのオンラインストアで購入した方が安く手に入れることができるようです

オンラインストア(MacWinZipper)

2,500円(税込)

https://store.tida.me/product?item_number=MacWinZipper

Mac App Store(WinArchiver)

3,300円(税込)

https://apps.apple.com/jp/app/winarchiver/id413215883


私のメインの作業環境は Mac です。取引先さまはWindowsの場合も多いので、実際に MacWinZipper を使用しています。操作も簡単で大変重宝しています。